シニア世代とは何歳からかを考えてみます。


シニア世代とは何歳からか、様々な事例から記事を作成してください。
年よりだと言われたくない、シニア世代は幾つから

昔は60代といえばかなりの年配に見えていました。
だけど、最近では「えっ、この人、60代」という言葉を聞くことがあります。
一体、シニアとは幾つを指しているんでしょう。

【老人と呼ばれることに抵抗を感じるシニア世代】

まず、世界保健機関(WHO)の定義だと65歳以上が高齢者と認定されています。

だけど、65歳になったからといっていきなり、年寄り扱いされたくない。
大抵の人がそう思っているはずです。

大体、60代では老人に見えない人も大勢います。
それに60歳で定年といっても、まだ十分働けるはずです。

現実、60歳になったからといって老人会に入会するのをためらう人もいます。

実際、昔では老人と言われていた60代も今は老人扱いされたくないといったところでしょう。

【そもそも、シニア世代とは】

確かに映画館では60代からシニア割引を設けているところもあります。
ぶっちゃけていえば、基準はありません。

実際、ある業界では40代でシニア認定されるらしいです。
一般的には60代でシニア認定となります。
大体、60歳以上の人相手の割引にシニアという言葉が入ります。

だけど、年代によってシニアと感じる場合が違います。
それに10代から見てみると60代はかなりの年に感じるはずです。

対して60代になるとどうしても周囲から若くみられたいと感じます。
あくまで一般的な感情なので、そうでない人もいるかもしれません。
だけど、老人扱いはしてほしくないという心情は誰にもあるはずです。

【年齢を判断するのは難しい】

自分がシニアかそうでないかという前に人の年齢を判断するのは難しいです。

例えば、レストランなどではシニア割引をしている場合があります。
清算する際、いきなり店員に「シルバーカードはお持ちですか」と聞かれたらどうします。
まだ50代たったらかなり、ショックです。
でも、見た目の年齢を判断するのは人によって難しいです。

確かに同じくらいの年頃なら間違えません。

だけど、若い子だとシニア世代かそうでないか判断しづらいです。

【シニアの仲間入りは複雑】

大抵の人は60歳で定年退職します。
とはいっても、まだまだ働ける人は大勢います。
家にいるのも退屈だから働きたいという人もいます。

職業紹介センターで職探し。
応募用紙のシニア欄をみつけてなんだか悲しくなった人もいます。

さらに60代から使えるシニアカードを作る際、身分証を見ないうちに60歳と判断されてショック。
そういう人もいます。

やはり、シニアの仲間入りというのは誰もが複雑な気分になるみたいです。

【シニアにどんなイメージを持っている】

そこでそれぞれの年代のイメージを見てみましょう。

高齢者は72歳から90代になります。
経験は豊富だけで、体の調子がよくないこともあります。

シニア世代は62歳から72歳くらいです。
仕事は退職したものの、まだまだ元気で仕事もできる。
つまり、元気で周囲に年寄り扱いされたくないのがシニア世代ということになります。

【シニア世代の年齢ギャップとは】

一般的にシニアは60歳からです。
大体、会社の定年も60歳です。

会社によっては60歳以上でも働いている人がいます。
実際、シニアと呼ばれることに抵抗がある人が増えています。

実年齢より10歳くらい若い精神年齢。
それがシニアに呼ばれたくない原因でしょう。
60代だけど気分はまだまだ50代といったところです。

ただし、見た目年齢が若く見られたいという感情は男性より女性の方が大きいです。

【シニアでも得すること】

ここまで60代を連呼しているのには理由があります。
一般的には60歳からシニアと言われているからです。

60歳で定年退職と決まっている企業が大部分です。
映画館や水族館、様々な施設で60歳からシニア割引があります。

例えば、レジャーだとシニア割引は絶対、お得です。
施設によって年齢が細かく設定してあります。
利用するならまず、事前に調べておきましょう。

買い物もシニア割引があります。

様々な面で割引がきくとのは時として嬉しいことです。

確かにシニア割引を利用するためには年齢確認のできる物が必要です。
だけど、持って行った時にろくに確認もせずにシニア認定されたらやはり、ショックです。
なので、中には「シニア割引は嬉しいけど、なんだか年寄りになった気分になる」という声が出るのでしょう。

【最期にシニアとは】

シニア世代は60歳からです。

実際のところ、シニア世代はある程度、年齢が定義されています。
50代後半から62歳となっています。
67歳からだとシルバー世代になり70歳までになります。

ちなみに65歳が世界保健機関(WHO)の定義での高齢者となります。

要するにシニア世代というのは案外、曖昧です。
人によってはシニアと呼ばれたくない。
年寄り扱いされたくない。

そんな感情も大きいです。
以前はシニアとかシルバーはおしゃれなイメージがありました。
だけど、最近では微妙に分かりにくい世代と言えるかもしれません。