シニア婚活の見合いは、服装と自己紹介、相手情報を準備しておきましょう



シニア婚活でお見合いとなったら、いよいよパートナーになるまであと少しですよね。

シニアじゃなくても婚活で大事なのが服装です。
ラフなファッションではなく、男性はジャケットとワイシャツを着て清潔感を出します。
女性ならば、花柄シャツにブローチ、カーディガンなどの装いきファッションでお見合いに臨むようにします。

そして、お見合いで大事なのは何を話すかです。
自己紹介はもちろんの事、相手の趣味は何か、職業は?
休日の過ごし方は?など相手に合わせた話題を用意するようにします。
これが事前準備です。

自己紹介は、年齢、住んでる地域、趣味、仕事などをまとめておき、
相手にどんな人物か分かるようにします。
相手もあなたを調べてきてるとは思いますが、
その情報だけではあなたを知る上で不十分です。
自分の事を伝えれるようにしておきましょう。

お見合いは一方がしゃべるばかりではありませんが、
話の種はたくさんある方が沈黙で気まずくなりませんよ。


シニア婚活ファッションについて 
60代以降になってからのシニア婚活は恥ずかしい反面
残された人生を一緒に過ごせる最愛のパートナーを探す訳ですので
ドキドキする反面どの様な洋服を着て行ったら良いか迷うと思います。

何歳になっても人は第一印象が大切ですので
シニア婚活におけるファッションポイントを押さえておきましょう。

先ず男性についてはスーツやジャケットを着用すると無難です。
恐らくシニア世代の方は、定年になってからスーツを着る機会がグッと減ったかと思いますので、
久しぶりに気持ちを引き締めるには良い服装ですし、
対女性においても紳士的に見えますし、何よりも外せない一品となります。

また今までスーツを着てこなかったお仕事の方は落ち着いたトーンのジャケット、パンツスタイルが無難です。

因みに最近の若年層ではスリムスタイルのシルエットが流行っていますが、
特にシルエットはこだわらなくても機能性や色味を重視した方が良いでしょう。

次に女性についてですが、いつまでも可愛くいたい乙女心があるのは良いのですが、
あまりにも若々しい服装だと男性に引かれてしまいますので、
無難な服装は落ち着いた色味や柄のワンピースにカーディガンと言った遜色のないスタイルが望ましいです。

因みにスカートの丈は膝が隠れる程度にしてくれぐれもミニにならない様に気をつけましょう。
また年代的に白髪染めは必須になりますので良いと思いますが、
赤や紫などのヘアカラーは本人が良かれと思って行っても、
男性からするとシニア世代からは似合わないと
敬遠されてしまう場合が多いのでやめておきましょう。

オーネットスーペリア








シニアパートナー探しの様々なサービスはトップページに多数用意しています。

トップページへ