シニア婚活うまくいかない



シニア婚活は上手くいかない。
それにはたくさんの理由があります。

一つは異性の相手が相当の人生経験を積んでいるからです。
様々な人生経験を一人一人がしているものですから
ある一定のことにこだわるのです。

こだわってはいけないと思っても
なかなか出来ないのです。

若い人たちにはない問題があります。
それは、将来の介護の事とか相続の事とか
割けて通れない大きな問題があります。

それらの問題を解決するために
相続であれば、婚姻届を出さずに一緒に暮らしたり
一緒に暮らさずに定期的に会うとか
定期的にお互いの家に泊まるとか。

結局人間って打算的かと言えばそうではないところがあります。
恋愛を思い出してください。
恋愛感情は打算的な事から生まれるのではなく、
ただ相手が好きで好きでたまらないというものです。

シニアの婚活には若い人にない問題があります。
が、結局それは二人で解決したらいいだけの話です。

まずはシニア中高年であるあなたは行動すること。
行動してシニア婚活で成功したいと思われるのであれば

シニア婚活では焦りは禁物です
上にも書きましたが、人間年齢を重ねるごとに様々な経験をして
なにがしかのこだわりを持つようになります。

そして、すべての人がいいところと悪いところを持ち合わせています。
他人の悪いところばかりが目につきがちです。
そこで、あえて異性のいいところに目を向けると
悪いところがあまり目立たなくなります。

何度もデートを繰り返し徐々に打ち解けていくようにすることが大切です。

そこで大切なのが、「結婚」にこだわらない事。
つまり、婚姻届を出さずに「事実婚」とか「通い婚」とかも選択肢の中に入れておくこと。

まとめてみます。

シニア婚のデメリット
50代や60代となると初婚という人は少数派になってしまいます。
確かに事情があって婚期を逃した人もいるかもしれません。

それにシニア婚だと子供が欲しいというわけではありません。
何故なら、50代すぎの女性では子供を産むことができません。
確かに男性なら幾つになっても子供を作ることは可能です。

だけど、シニアで子供を作るのは男性側もリスクがあります。
子供が独立するまで、働けるか分からないからです。

それに相手や自分にすでに独立した子供がいることが多いです。
それぞれの子供たちとの信頼関係がなかなか築けない可能性が高いです。
理由は結婚してもお互い、血のつながりがないからです。

そして、昔からの慣習がシニア婚を阻みます。
要するにいい歳をして結婚なんてということです。
確かに婚活に年齢制限はないはずです。

なので、結婚をためらうべきではありません。
しかし、今さら結婚なんてとためらうことがシニア婚のデメリットになります。





婚活・結婚おうえんネット



オーネットスーペリア







シニアパートナー探しの様々なサービスはトップページに多数用意しています。

トップページへ