シニア婚活 事実婚 通い婚

シニア婚活 形にとらわれない『事実婚』や『通い婚』について


昨今の時代では皆さまのご近所を見ても男女共に40代や50代でも独身の方が多く、
ご両親と同居していると言うケースも決して珍しくは無くなっています。
その背景には婚活を逃してしまって気がついたらシニア世代になっていたと言うパターンや
旦那さまやご主人を早く亡くされて独り身になってしまった50代や60代の方もいます。

ですので世の中における結婚適齢期の年代層もぐっと上がっている現状になっています。
なのでシニア婚活の市場が広がっていることも事実なのですが、
その中でも最近では法律上の婚姻届や同居を
必ずしも互いに求めることをしないスタイルが流行りつつあります。

具体的には役所に婚姻届を提出していないのですが、
365日ほぼ一緒に暮らしている『事実婚』や、
お互いの環境は変えずにほぼ相互間家を行き来している『通い婚』と
呼ばれるスタイルの結婚も最近では増えてきています。

実際にどの位の割合で事実婚や通い婚が存在しているのかと言うと、
ある結婚サービス会社のリサーチによるとシニア婚が10組成立した中の1〜2組はそうだと言う集計もあります。
この結果は確かに芸能人やメディア間でも騒がれていると言うこもありますが、
ある程度の年齢を積み重ねてきたことで自由に法律に縛られずに
互いに幸せに暮らしたいと言う切に思う気持ちもあると言えるでしょう。

シニアパートナー探しの様々なサービスはトップページに多数用意しています。

トップページへ

 

サイトマップ