シニア婚活 断り方

シニア婚活の断り方は


シニア婚活の場合は恐らくお互い最後とも言える相手を真剣を探す目的ですので
真剣かつ慎重に相手を選ばなければなりません。
ですので婚活中に出会った全ての人に良い顔ができる訳ではなく、
もちろん相手に対してお断りをしないといけない場合もあります。

だからと言って若年層の様に嫌ならそのままシカトしたり
連絡を取らなくする方法は大人としてあまりよろしくはありません。

そこでどの様にしてお断りをしたら良いかと言いますと、
先ずお相手の方とまだ二人きりで会っていない場合には
『ご連絡とお誘いを頂きましてありがとうございます。

これまで多くのやり取りの中でとても楽しくて◯◯さんの魅力に触れることができました。

でもお話をさせていただいた中で◯◯さんの結婚観は
私では役不足でご要望に沿うことができないと思いました。

私のことを思いこの度デートにお誘いいただいたのですが、
本当に申し訳ありません。

これから◯◯さんに良い出会いがあることを心よりお祈りしています。
と丁重にお伝えすると良いでしょう。

また複数回会った方に対する断り方ですが
『私のことを想いお誘いをいただいているのに大変申し訳ありませんが、
◯◯さんとお会いさせていただいているうちに
価値観や結婚観に関して深くお話をすればするほどズレを感じてしまう様になり、
このまま中途半端なお付き合いを続けるのは◯◯さんに失礼だと思い、
申し訳ありませんがお断りをさせて頂きたいと思います。と伝えると良いでしょう。

ポイントと致しましては、
お互い真剣にシニア婚活を行なっていると言うこともあり、
例え容姿や性格が合わないとしても相手に失礼にならない様に
結婚観や人生設計をメインテーマとして
価値観の違いをやんわり伝えて断ると良いでしょう。

シニアパートナー探しの様々なサービスはトップページに多数用意しています。

トップページへ

 

サイトマップ